自分で予防

ニキビ治療や予防は、自分自身でできるものです。

ニキビ治療で気を付けなければいけないのは、規則正しい生活を送る
ということです。

夜更かしは肌に悪い

夜更かしをしたり、不規則な生活を送ることで肌が荒れてしまいます。
ニキビも治りにくくなって疲れも出やすくなるものです。
少しでも早く、ニキビ治療を進めたいと思うのであれば、たっぷりと
睡眠を取って体を休めることが大切です。

ニキビを作らないために、自分で予防することを心がけましょう。まずは食事に
気を付ける必要があります。脂っこい料理やファーストフードばかり食べていると
お肌が荒れてしまいます。

お肉ばかりでなく、緑黄色野菜や果物、お魚などバランスよく食べることを
心がけましょう。お肌を常に清潔な状態にしておくことも必要です。

汗をかいたらこまめに拭き取るようにしたり、洗顔を毎日行うなどお肌に皮脂や
汚れなどがついたままにならないようにしましょう。
メイク汚れもきれいに落とすことが大切です。

ニキビ治療で使用する外用薬について

ニキビ治療で使用する外用薬

ニキビができてしまうことでのデメリットはたくさんあります。
やはり、どうしても見た目的なところ、また痛みなどがありますし、
跡に残ってしまうことも考えられますので、できるだけ早くニキビ
治療を行うことをおすすめします。

そこで、ニキビ治療で使用される外用薬についてですが、市販されて
いるものは、効果がないとは言いませんが、含まれている有効成分の
量が少ないことがあります。

本格的なニキビ治療を行う際には、できれば皮膚科で医師の診断のもと処方される外用薬を
使うことをおすすめします。抗生物質系のものは、治りも早くなりますし、内服薬と併用して
つかっていくことで、とても効果が出やすいと言われています。

いじってしまったりしますと、跡にのこってしまうこともありますので、できれば早く
皮膚科を受診してニキビ治療を行うことが大事です。万が一跡に残ってしまった場合には、
美容皮膚科などでレーザーを使って治すという方法もあります。