ニキビ・しみ治療のタイミング

シミができやすい季節

美容皮膚科でニキビ・しみ治療をするのにベストな時期はいつでしょうか。

しみ治療にベストな時期があるなんて。そう思われる方も多いでしょう。でも 意外と関係あるんです。まず、ニキビ・しみ治療は皮膚が少し薄くなるので、できれば紫外線を受けにくい時期のほうがおすすめです。

夏真っ盛りや、そのちょっと前あたりにはじめてしまうとお肌にもダメージを与えやすくなってしまうこともあります。また、皮膚がうすくなっていることで、新たなシミを作ってしまう可能性があるからです。

しみ治療に関わらず傷跡に紫外線は禁物です。擦り傷や切り傷なども紫外線に当たることで跡になってしまいやすくなります。これがシミ治療にも言えることなのです。ですから、比較的紫外線の少ない時期がおすすめです。

しかし、紫外線対策を万全にして、日焼け止めなどもきちんと塗るのであれば、夏場でもできます。レチノイン酸、ハイドロキノンを使ったものと、レーザーがあります。

効果大だがリスクも!レチノイン酸の肌への影響

レチノイン酸は、もともと人間の肌にも存在しているレチノール、これはビタミンAのことなのですが、それが酵素の影響を受け酸化し活性型になったもののことです。レチノールは肌に対して様々な効果が期待できるとされています。

たとえば、肌の弾力を構成しているコラーゲンの生成を助ける効果やタ ーンオーバーを促進し、しわや肌荒れを改善する効果、皮脂の過剰分泌を抑える効果や保湿機能を高める効果などがその一例です。

紫外線対策は万全に

そしてレチノイン酸になると、ビタミンAのおよそ50倍~100倍ものこうしたことに対する作用があるとも言われていますから、美肌ケアには是非とも利用したい成分とも考えられます。しかし現状、日本ではレチノイン酸は医薬品には利用されていますが、化粧品やスキンケア商品には利用されていません。それはひとえに、日本人の肌にはレチノイン酸は刺激が強過ぎるためです。

特に光にあたると分解されてしまうと言う不安定な性質上、日中、紫外線にあたることによる皮膚荒れ、刺激性皮膚炎などのリスクが指摘されています。ですからもし、レチノイン酸入りのスキンケアなどを利用したいとなった場合はクリニックなどにかかる必要があります。

紫外線対策は万全に!

最近では1年中ニキビやシミの施術をするクリニックはたくさんありますが肌のためを思うと、やはり時期は9月半ばくらいからのケアがいいのではないかと思います。1番良くないのは5月ですよ!紫外線が1番多い時期なのです。とくに色の白い人は肌にダメージをうけやすく、かえってシミやそばかすが増えてしまうそなので、しっかりと対策を考えてケアをしていきましょうね。

性別ごとのにきび治療


ニキビ治療の方法は、性別により変えていく必要があります。男性の場合は、脂肪の摂りすぎ、オイリー肌などが原因となることが多いです。女性と比べて男性は、脂肪分の多い食品を好むものです。

さらに男性ホルモンの影響により、皮脂分泌も多いのです。女性よりも皮膚に皮脂を蓄えている状態であり、毛穴も詰まりやすいです。男性のニキビ治療の方法としては、脂肪の摂りすぎを控えて、洗顔をしっかりと行うことが大切です。極めて当たり前のことですが、基本ほど疎かになりやすいものです。

女性のニキビ治療は、ホルモンバランスを整える対策がメインとなります。ストレスの影響を受けると、ホルモンバランスが崩れて新陳代謝、ターンオーバーなどに影響が出始めます。皮脂や老廃物の排出が滞ると、ニキビの原因となることがあります。

美肌を目指すなら!肌のターンオーバー周期の乱れを改善する方法

肌の乾燥やごわつき、くすみといった肌トラブルに悩んでいる方の多くは、生活習慣の乱れが原因となりターンオーバーの周期が乱れてしまっていることが原因の可能性が高くなります。

ターンオーバーとは肌細胞の生まれ変わりを指し、通常は古い角質は一定の周期に合わせて自然に剥がれていき、下から新しい皮膚が出てくることで常に透明感とハリのある美しい素肌を維持することが出来るようになります。

若い頃はこのターンオーバーが正常に働いているので、綺麗な肌を維持することが出来ますが、年齢を重ねたり生活習慣が不規則になりがちだと、ターンオーバーが乱れやすくなるのです。この状態が続くと通常は排出されているはずの古い角質が肌表面に蓄積し続けてしまい肌のゴワつきやくすみ、ざらつきといった肌トラブルにつながってしまいます。

そこで普段の生活で食事内容を見直したり、十分な睡眠をとるように心がけるようにすることも、肌を綺麗に保つために重要です。

生活習慣の見直しは健康にとっても重大

思春期ニキビと異なり、大人ニキビには生活習慣の乱れが関係していることが多いです。

油っこい食べ物

油っこい食べ物が好きな方にとって、脂分を控えるというのは厳しいことのようにも思えますがニキビの予防だけではなく、健康のためにもこれはとても大切なことです。

一度割り切ってしまって少しずつ減らしていくことで、少なくても平気なように自然と体質も変わっていきます。そうすることで体調も良くなり、ニキビも改善されていけば自信もついてきますので更に前向きに取り組んでいけるでしょう。

ピルをニキビ治療として服用するって?

ニキビ改善にピルを服用

大人になってからニキビができるようになったという女性は多いのではないでしょうか。

20代・30代に多い、いわゆる「大人ニキビ」ですが引き起こされる原因の1つに、
女性ホルモンバランスの崩れが挙げられます。この世代の女性は仕事や育児などで、
ストレスを感じやすいと言われています。

ホルモンバランスはちょっとしたストレスでも、崩れてしまいがちです。

女性ホルモンバランスが崩れると、皮脂分泌が増加したり肌環境が悪化し、ニキビが
できやすくなるのです。ホルモンが引き金となっているので、スキンケアで改善する事が難しいのが大人ニキビの特徴です。

大人ニキビに悩んでいるのであれば、ニキビ治療を受けましょう。

ホルモンが原因のニキビ治療では、ピルを処方するケースも少なくありません。ピルは避妊薬というイメージが強いですが、
ニキビ治療として服用する事によって女性ホルモンバランスを、一定に保つ働きがあります。服用を続ける事によって、
女性ホルモンバランスが整い、大人ニキビの治りも早まるでしょう。

人気を集めるレーザーでのニキビ跡治療

スキンケアを一生懸命頑張ってもなかなかニキビ跡が改善しないという方も、多いでしょう。

ニキビ跡には赤みが残るタイプ・色素沈着タイプ・クレータータイプの主に3つの症状があります。これらはニキビが炎症を
起こしその炎症が皮膚の中にまでダメージを与えてできているので、いくら皮膚表面をスキンケアしてもなかなか改善の効果は現れません。

スキンケアで改善

スキンケアで改善の難しいニキビ跡ですが美容皮膚科など美容系のクリニックでは治療する事が可能です。

クリニックで行われているニキビ跡治療の中でも特に人気なのがレーザーによる治療です。レーザーには色々な種類があり、それぞれ効果が違います。自分の症状に合ったレーザーで治療を行う事で効果的に、症状を改善する事ができるのです。

レーザー治療は皮膚を切ったりしませんし1ヶ月から2ヶ月に1回程度、通えば良いので忙しい方でも、受けやすい治療法と言えるでしょう。また近年ではHP上で治療風景の動画を配信しているクリニックも多くみられます。不安な方は一度、動画を見て、どんな治療をするのか確認しておくといいでしょう。

治療方法もレーザー以外にも、薬で治せる場合もあります。

ケミカルピーリングがおすすめ

背中のニキビ跡を消す

背中はあまり人に見せることが少ない部分なのですが、水着や露出の多い服を着る時などにニキビがあると気になってしまうでしょう。顔のようにファンデーションやコンシーラーで隠すことはできませんし、お手入れも難しくて悩んでいるという人もいるかもしれません。そして、できてしまった背中のニキビ跡を消すのはなかなか大変です。

そこでオススメなのがケミカルピーリングなのですが、肌が乾燥しやすくなるので保湿はしっかり行うようにしましょう。
ケミカルピーリングとは、フルーツ酸などを使って表面の角質を剥がすという方法であり、気になる背中のニキビ跡を消すことができるというだけでなく、肌全体に透明感が出るというメリットがあります。

ピーリングはやりすぎると逆効果になるので、適当な使用を心掛けましょう。肌の活性化を促しているため、やる過ぎると非常に肌が過敏になってしまいます。また、ピーリング後のお肌は敏感です。背中はなかなか自分ではケアしにくい場所ではありますがしっかりとした保湿ケアをしてあげることが重要です。

その際にはスプレータイプの保湿ケアが有効です。使いやすく、自分でケアできるので煩わしくありません。たっぷりと背中にスプレーしてあげるのがポイントです。目の届かないところまで気を抜かないケアが、女子力アップに繋がりますね。

年齢別のおすすめ化粧品や気になる背中ニキビには石鹸で対処しよう

冬は乾燥が気になる季節。全身にボディクリームを使っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし体には油分はあまり
必要ない部分をご存じでしょうか。全身で広い面積を占める部分は背中です。

油分が多いのは背中全体ではなく中央部分で、人間の汗腺が体の中央部分に集中して分布しているためです。ニキビのお悩みで多いのは額や、鼻、顎。体では背中の背骨のあたり、胸の谷間などです。このような部位にできてしまうニキビは、皮脂腺が
活発に分泌して皮脂が詰まってしまうことが原因です。そのためニキビは余分な皮脂をきれいに落とすことが解消の近道です。

ボディケアには石鹸がおすすめ

ボディケアには石鹸がおすすめです。過剰な保湿成分が配合されていないので毛穴に詰まりにくく、刺激も少ない為です。ボディタオルはお肌を傷つける事もあるので、掌でたっぷりの泡立て撫で洗い。肌をいたわりながら冬でも皮脂をやさしく洗い流すケアが必要です。

背中ってなかなか自分では見えないもの。ですからケアを怠りがちではあります。しかし、服装や場合によって人からは目につくもの。特に夏は露出も増えるので背中がきれいな方が良いですね。結構気にしている女性、多いように思います。

背中専用のニキビケア用品なんかも出ています。背中は自分で塗るのが難しいのでスプレータイプが主流です。しかもさかさまにしても使えるもの。こうすることで、自分でケアすることができます。背中にまで気を配ってケアが行き届いている人って素敵に思えますよね。

敏感肌に向いているニキビ治療とは

敏感肌のニキビ治療はとてもやっかいです。

大人ニキビは厄介

強すぎる洗浄や殺菌はかえって肌に刺激を与え、肌の状態を悪くしてしまう恐れがあるのです。特別にケアを行うつもりで、
いつもより丁寧にパッティングを行ったり、コットンを使用したりすることは肌の表面に刺激を与えてしまうので、却って逆効果を生んでしまう場合もあるのです。

思い切って、洗顔剤を使用しないでお湯のみの洗顔に変えたり、ニキビの赤みを消すためにプラスした美白用のクリームをやめてみたり、肌に栄養を与える為の美容液の使用もひかえてみたり、いつものケアからマイナスしてみる事もとても重要な場合があります。

敏感肌であっても肌の状態をベストに保っていれば、トラブルは起こりません。肌の状態を外側からのケアで栄養過多にするよりは、肌をつねに清潔に保つことのほうがニキビ治療には有効であることが多く、化粧品やメイクアップ商品に慣れた大人の肌のニキビ治療の秘訣ともいえるでしょう。

宮城県の皮膚科でしてもらえるニキビ治療

宮城県でニキビを治すための方法にはいくつかのものがありますが、皮膚科などで最も一般的に行われているのが外用薬による治療となっています。

たとえば、毛穴周囲の角質が固くなってしまうのを防ぎ、毛穴詰まりが起こりにくくなるようにさせるという薬もあるのですが、皮膚表面が乾燥するといったリスクもあるため肌が弱い人は注意しましょう。また、フルーツ酸を塗布して角質を除去するケミカルピーリングには、肌のバリア機能を低下させてしまうというデメリットもあります。

ピーリングの後はアフターケアが重要です。肌が非常に繊細な状態になってしまうので、それを保護してあげる必要があるのです。それをしてあげないと、反対に敏感な肌を外部に直接さらすことになり、症状が悪化することもあります。それから、ピーリングは肌のターンオーバーを促進するためのものなので、ある程度期間を見て長い目で経過を見届けることが必要です。

口コミを参考に

宮城県でニキビの治療を受けたいという場合、宮城県で治療を行なっているエステサロンや病院を探してみると良いでしょう。「宮城県 ニキビ 治療」などといったキーワードで検索するのがオススメです。

検索結果は複数でてきますが、その中で口コミを参考にしたり皮膚科のホームページでどのくらい丁寧に治療やニキビに関する情報を載せてくれているか、またサイトの質などを見ることによってもある程度の情報収集はできます。

その中から気になるクリニックを絞り込み、まずは電話で相談してみるだけでも頼れる
皮膚科かどうか判断できるでしょう。

皮膚科でもらえるニキビ治療薬の特徴

ニキビができる原因にはさまざまなものがあります。
原因菌も複数あることから、皮膚科を受診して
適切な薬を処方してもらうことが大事です。

適切な薬

ニキビ治療における皮膚科で処方される薬にはさまざまなものがあります。
そしてそれはニキビの程度により変わります。

まず、炎症を抑えるためのものが挙げられます。
ニキビの原因としてアクネ菌やマラセチア菌があります。
これらの菌類により炎症が起こることから、抗生物質を処方して
これらの菌による炎症を抑えます。

代表的なものとしてミノマイシンが挙げられます。
ミノマイシンはアクネ菌などの原因菌が増殖するときに行う
タンパク質の合成を阻止することで、菌の増殖を防ぐ効果があります。

錠剤になっているもの、顆粒状のものがありますが、効果は同じです。
確かな効果がありますが、同時に副作用があることが特徴で
腹痛や食欲不振といった症状が現れることがあります。

また、長い期間同じ抗生物質を使用していると
耐性を持った菌が発生することがあります。

そのような菌に対して効果を発揮するものが使用されることもあります。

また、ニキビができにくい肌にするための薬も処方されます。
ニキビは毛穴に皮脂が詰まることで発生します。
ニキビ治療を行っても、皮脂が毛穴に詰まりやすい環境が変わらなければ
同じことを繰り返します。

毛穴が詰まりやすいと言うことは、皮膚の機能に
異変が生じている可能性があります。

肌の持つ機能を回復することが重要です。
そのために処方されるものもあります。

例えばビタミンBを補うための錠剤です。
ビタミンBは皮脂の過剰な分泌を抑制する効果があります。

ビタミンを補う

過剰な皮脂の分泌を抑えることができれば
毛穴に皮脂が詰まるリスクを下げることができます。

また、肌のバリア機能を高めるために有効な
ビタミンCに関する薬が処方されることもあります。

このように、皮膚科ではニキビに対してだけでなく、
肌全体の機能を回復することに着目していることが特徴です。